お米が大好きなんです。

ファビノール飲んでカバーしてもしきれないくらい食べちゃいます。
そこで、元のお米のカロリーを押さえればいいんじゃないかと思ったわけです。

当たり前ですが、同じ量食べるならカロリーが低い方が良いに決まっています。
カロリーが低いだけではダメなのもわかってます。血糖値の上昇も抑えないと!

米を発芽玄米or発芽胚芽米にして米こんにゃくでカロリーカット&血糖値の上昇を抑える。
いやーん。痩せそう♪

米こんにゃく発芽玄米発芽胚芽(はつがはいが)米

発芽玄米発芽胚芽(はつがはいが)米

私玄米好きなんです。ただ家族全員白米しか食べない。
私用に炊いて冷凍保存することにしました!

発芽玄米
国産一等米を使用 豊かな風味と食感のおいしい発芽玄米
DHCの発芽玄米は、実り豊かな国産の一等米を厳選して使用。北海道のDHC長沼工場で玄米の加工から、封入まで一貫して生産しています。発売からご好評いただいている発芽玄米。そのおいしさの秘密は、DHCこだわりの発芽玄米の製法にあります。
日常、私たちが食べている白米に比べ、一般の発芽玄米は芽が出てしまってから出荷しているため、玄米特有のにおいや食べにくさが気になり、つい敬遠しがちに。DHCでは胚芽部分がまさに発芽しはじめた状態で製品化し、出荷。そのため、より栄養がたっぷり含まれた、香ばしさとほどよい噛み応えのおいしい発芽玄米をお届けすることができるのです。
※放射能検査済み。放射性物質は検出されておりません。
ギャバが約10倍 食物繊維は約5.2倍
白米と比較して、ギャバ(ガンマーアミノ酪酸)が約10倍。食物繊維は約5.2倍、ビタミンB1は約5倍、ビタミンE(d-α-トコフェロール)はなんと約12倍も含まれています。
また、炊飯器で普通のお米と同じようにいつでも簡単に炊ける手軽さも魅力です。

<ここが違うDHC発芽玄米
・厳選された国産100%の玄米(一等米)を使用
・胚芽部分が発芽しはじめた、最も栄養価が高まった瞬間を見極めて製品化。だから、特有のにおいがなく、おいしく食べやすい
・栄養価たっぷり。ギャバは白米の約10倍。食物繊維は約5.2倍。
・徹底した品質管理のもと、北海道のDHC長沼工場で、玄米の加工から封入まで一貫生産
 よくあるご質問

発芽胚芽
胚芽の栄養そのまま、ふんわりおいしい白い炊き上がり
発芽のパワーに加え、白米のおいしさをめざした「DHC発芽胚芽米」。厳選した国内産玄米をわずかに発芽させ、ぬか部分のみを6分ほど削りました。胚芽の栄養成分をそのままに、白米のように白くふんわりとした炊きあがりと味わいを実現。ごはんで続ける毎日の健康習慣、発芽玄米が苦手な方にも食べやすい「DHC発芽胚芽米」です。
※放射能検査済み。放射性物質は検出されておりません。

●国内産玄米を100%使用しています。
●食物繊維が白米の約3倍。毎日の食事で不足しがちな成分が補えます。
●軽くすすぐだけですぐに炊飯でき、手軽に食べられます。炊飯前に水に浸けておく必要はありません。
発芽玄米のぬか部分を約6分、ていねいにカット。胚芽部分の栄養をそのまま残すため、最適な発芽の状態を見極めています。
●ほどよい弾力と白米のようなふんわり感。発芽玄米が苦手な方にもおすすめです。

Q1. 発芽玄米発芽胚芽米の違いを教えてください。
A. どちらも白米に比べ、食物繊維やビタミンE、ギャバなどの栄養が豊富に含まれています。発芽玄米は、玄米をわずかに発芽させているために栄養価が高く、玄米よりも消化吸収が良いのが特徴です。発芽胚芽米は、発芽玄米の胚芽部分を残して、ぬか部分のみを6分ほど削ったものです。かみしめると自然なうまみのある発芽玄米に比べ、発芽胚芽米は見た目も食感も白米に近いものとなっています。お好みでお選びいただくとよいでしょう。
Q2. 発芽玄米のおいしい食べ方を教えてください。
A. 発芽玄米のみで炊いていただいても、もちろんおいしいですが、初めての方なら白米2、発芽玄米1の割合で混ぜ、白米を最初にといでから発芽玄米を加え、軽くすすいでから炊いていただくとよいでしょう。発芽玄米は、炊飯器で白米を炊くのと同じように、手軽に炊くことができます。混ぜる割合や水加減は、お好みで調整してください。炊いてそのままを食べるだけでなく、チャーハンや五目ごはんなどにしてもおいしくいただけます。

米こんにゃく

食後の血糖値が急激に上がることで、脂肪を蓄えやすくなるそうなので。
以下を参考↓

同カロリーの白米に比べ、急激な血糖値の上昇をおさえ、糖の吸収をゆるやかにさせる傾向があると分かりました。

学術報告
弊社健康食品相談室より「DHC米こんにゃくの食後過血糖抑制の検証(PDF)」と題した研究レポートを発表しました。
月刊「New Food Industry」第51巻 第6号 P.75~77(2009年6月1日発行)

【おいしい炊き方】
1) 白米をとぎます。
2) 本品1袋をザルなどにあけ、水で軽くすすいでほぐした後、水気をよくきります。
3) 白米1合につき160ml(通常よりやや少なめ)の水を入れます。
4) 2)を加え、軽くかきまぜてから炊飯してください。
・白米1合と本品1袋で、炊き上がりの量はおよそ1.5合分になります。
・お米を混ぜる割合や水加減は、お好みにより調節してください。

【お召し上がり方】
●白米と一緒に炊いて(冷めてもおいしい!)
●おにぎりに
●カレーライスやチャーハン、オムライスに
●炒め物の具材として
●ひき肉とまぜてハンバーグなどに
・食感が変わりますので、冷凍保存や長時間の保温はさけ、なるべく早めにお召し上がりください。

今回は米こんにゃくは通常の米こんにゃくだと冷凍できないので、
米こんにゃく(ドライタイプ)を混ぜてみます。

食べ物だけでも気をつければ体重の増加は止まるだろうし、
今まで過剰に摂取して太ってた余分な脂肪は落ちると思います。

デブの私には効果あるはず♪