生理前の女性は心身のコンディションが最悪に

●『セロトニン』は、心のバランス(平常心)を保つ重要な存在。不足すると、落ち込みやすくなったり、すぐにイライラしたりする。

●月経の前にはこのセロトニンが低下することが知られています。

●生理の前に分泌量が増加するプロゲステロン(黄体ホルモン)またはプロゲステロンの代謝産物によって、脳内のセロトニン分泌量が抑えられる

●「セロトニン」が脳内で減少すると食欲が増進し、いくら食べても満足感が得られない=ダイエットがうまくいかない

●生理前の女性の体は、まるで「むくみ専用貯水タンク」

●プロゲステロン(黄体ホルモン)が原因です。
プロゲステロンには水分を体の中に溜め込む働きがあります。つまり、余分な水分も溜め込んでしまうのです。また、体が冷えやすくなりますので、血行も悪くなりがちです。

バナナが生理前の不調に効く理由

●バナナにはトリプトファンという、心を安定させるホルモンであるセロトニンの材料が含まれています。

●セロトニンは、バナナに多く含まれていますが、他の果物にはほとんど含まれていません。

●実はトリプトファンは、それだけではセロトニンにはならないんです。ビタミンB6と合成して初めて有効なセロトニンが生成される。

●(バナナには)ビタミンB6までが豊富に含まれている

●バナナのビタミンB6含有量
バナナには、トリプトファンに加えてビタミンB6もいっぱい!!
ビタミンB6はマグネシウムの働きを高める働きもあります。

●マグネシウム不足とPMSの関連性が報告されています。マグネシウム不足は、痛みや炎症に関係する物質の作用に影響するといわれています。数ヶ月に渡って、十分なマグネシウムを摂取することによって、むくみ、胸の張り、気分の不安定が改善されるといわれています。

●(バナナには)こころを安定させてくれるマグネシウムもたっぷり

●むくみを撃退してくれる成分は「カリウム」。

●バナナは、カリウムが豊富

●むくみの原因・ナトリウムを排出してくれるカリウムは、バナナにいっぱい含まれている!
カリウムは調理によって失われやすい成分です。例えば、野菜をゆでると約30%も減ってしまいます。
バナナは生で食べられるのでそのような心配をする必要はありません。

生理前の「豆乳×バナナ」の最強コンビ

●豆乳に組み合わせるのは、食物繊維が多く、栄養豊富なバナナ。バナナに多く含まれるビタミンEは、大豆タンパクの分解、代謝を促進する働きがあります。つまり、豆の燃焼を促す大豆タンパクをより効果的に使うことができるのです。
 豆乳とバナナを組み合わせた「豆乳バナナ」には、互いに有効成分を高め合う、じつに相性のいい驚きのダイエットパワーが隠されているのです。

●豆乳とバナナをミキサーにかけると、ふんわりとしたドリンクになります。これだけでもおなかがふくらんで、十分に満腹感を得ることができます。豆特有の臭みも、バナナと合わせることでほとんど消えてしまうので、豆乳嫌いでもおいしく飲めます。